アプリ甲子園2017で、セガゲームス賞を受賞した藤田麻里さんの企業訪問に同行してみた!

たむー
株式会社 D2C   広報宣伝室

2018年1月22日(月)

 今回は、セガゲームス賞を受賞した日本女子大学付属高等学校2年の藤田麻里さんと、共同開発者でありお友達である野村さん、山本さん、西島さんと一緒にセガゲームスのオフィスにお邪魔してきました。

そもそも、アプリ甲子園て??という方はこちら↓

アプリ甲子園-中高生のためのアプリ開発コンテスト-
https://www.applikoshien.jp/

 さて、実際、企業内に潜入できる&またプレゼンするということで、少々興奮気味の女子高生たちを優しく迎えてくださったのは、アプリ甲子園決勝大会当日にもプレゼンターとしてお越しくださった、社長室室長の長利さん。セガゲームスのゲームに関するグッズや昨年オープンした「SEGA VR AREA AKIHABARA」のチケットなどが贈呈されました。


 穏やかな時間もここまで!?いよいよ、現役のアプリ開発に携わっている方々を目の前にしたプレゼンの時間がやってきました。


 お互いの自己紹介が終わったところで、さあ、プレゼン開始です。

 やっぱり、この雰囲気では緊張するみたいで、緊張をほぐすための儀式???が行われていました(笑)。いいですね。こういうシーン、女子高生がやるから、かわいいんですね~。

 でも、なんだかんだで、プレゼンの完成度に皆様、驚かれていらっしゃいました。本人曰く、やっぱり最高潮は、決勝大会時だったようで、「その時のプレゼンが、アプリ甲子園の公式HPページ内にアップされてるので是非そっち見てください!」なんて言ってました。

ちなみに、決勝大会当日の様子はこちらからご覧いただけます。↓
https://www.applikoshien.jp/report/

社員さんたちも、真剣に聞いてくださっています。私はやっぱり、このシーン好きなんですよね。普通だったらあまり企業人と高校生が一つのアプリに関して意見交換するなんてシーン、見ないじゃないですか。でも、そこをお忙しい中、お時間割いていただいて、彼女の作ったアプリに関して、ご意見をいただくなんて・・・。素敵な活動だと自負してます(笑)

 アプリの講評などをいただいているうちに、時間となり・・・、せっかく現役のアプリゲームに携わる方々を目の前にしているので、何か質問はないか?ということで、自分たちがつくった「SHINDO」を、もっとバージョンアップさせるためのアドバイスを真剣にもらっていました。

 そして、ここからは、お待ちかねの、開発現場を拝見ということで、オフィスツアーへと移ります。

部長さんが、丁寧に社内の説明をしてくださいました。

 その後、実際に開発の方にプログラムとデザインについてほんの少しだけですが、学ばせていただきました。やっぱり、すごく楽しかったようですね。彼女たちは社員さん達の助言一つ一つを細かく丁寧にメモしていました。

 まだまだ、聞きたい事があったようなのですが、そろそろお時間が来てしまいました。
最後に、エントランスで恒例の記念写真です。

 今日の経験を活かして、これからもたくさん、楽しいアプリ制作や色んな事にチャレンジしていってもらいたいと思います。
 そして、お忙しい中、素敵な機会をつくってくださったセガゲームスの皆様、本当にありがとうございました。